排水管が水漏れをしたらどうなるのか

排水管が水漏れをしたらどうなるのか 水回りは日常生活の中で欠かすことができない設備です。生活用水につながってきますが、キッチンだけではなく、バスルームやトイレでも使うことになるでしょう。水を使えば、流さなければいけません。つまり、排水管とセットになっていることが重要なポイントになってきます。その排水管がトラブルを起こすことになれば、生活のあらゆる環境で問題を起こすことになってしまうでしょう。水漏れもそのひとつですが、排水であるということが、もれてしまうことに大きな影響を与えることも考えなければいけません。衛生環境としても、排水が流れ出してしまう状況になっていることが問題になるのですから、できるだけ早い対処が必要になってきます。

■室内環境にもたらす影響

排水管 水漏れがいったいどんな問題を起こしてしまうのかを考えていかなければいけません。排水管が持っている役割は、生活に使われた水を外部に排出するために存在しています。水漏れをおこせば、この機能を失ってしまうことになるでしょう。水ということで考えれば、室内の湿度を上昇させてしまうことにつながり、湿気が多くなってくることが考えられます。
室内の湿気が多くなれば、カビが生えてしまうような状況が考えられるでしょう。さらに、建材も影響を受けることができるようになり、ダニなどの害虫の発生も出てくるようになってきます。実際に排水管は、壁の中を通されていることもあるため、これが予想外の出来事とは言えません。見えないところで漏れてくれば、こうしたこともおきてきます。

■シロアリの被害ももたらす
排水管が水漏れを起こすというのは、なにも壁や床の上の出来事だけではありません。最も怖いのは、床の下で漏れていることでしょう。汚水が漏れていることで健康被害も発生させる可能性もありますが、湿気が多くなることでシロアリの問題も出てきます。家屋に潜む害虫として最も怖いものとしても知られていますが、シロアリは湿気の多い場所を好み、繁殖力を高めていくことになります。
シロアリというと、材木の天敵のように思われますが、プラスチックなどにも侵食していくことになりますので、建材として使われているものは何でもダメージを受けることになるでしょう。非常に大きな問題となってくるのは、発生すると専門業者でしか駆除はできないということです。水漏れというレベルでは済まない被害を与えることになるでしょう。

■損害賠償にもつながるケース

現実的な問題として発生するのは、水が漏れるという事態によって、床から侵食していくことです。トイレの排水などでも起きる可能性がありますが、水が漏れていくと、隙間や侵食できるところへどんどんと流れていきます。床下に配管があるようなマンションの場合、下の階へと流れていく可能性が出てきます。近隣トラブルになってきますが、汚水が流れることによって、大きな損害賠償を求められることが出てきます。
関係各所に対して損害を与えていくことになるため、住んでいることすらできないこともありえます。費用は甚大ではないものになる可能性が出てくるのですから、経済的な問題としてもとらえていかなければいけません。もちろん、賃貸物件の設備として考えれば責任は問われない可能性もありますが、水漏れの原因になることが自分にあれば、損害を賠償しなければいけなくなるでしょう。

■まとめ
排水管の水漏れは、大きな損害をもたらします。気が付かないようなこともあるところに怖さがありますが、メンテナンスや検査をしておけばわかるようなこともあるでしょう。知らなかったでは済まないようなダメージも与えていくことになるため、定期的に気にしておく必要もありますし、どんなところを通っているのかも考えておかなければいけません。ほんのわずかな異変でも気が付くことがありますので、こうした被害が出てしまう前に参考にしながら対応も考えてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース